Wi-Fiレンタルの活用方法と留意点が把握できる情報サイト

今や欠かせないアイテムの一つに挙げられる

Wi-Fiルータは購入かレンタルができる

Wi-Fiルータを、ある程度の期間(2年以上)をかけて使い込むのであれば、コスト的には購入してしまったほうが賢明とみられます。
ただし、購入した場合に契約期間中の中途解約をしてしまうと契約解除料が高くつくので注意が必要です。

一方、短期間で一時的に使用できればよいのであれば、レンタルを利用するほうがお得です。
また、旅行や出張などで利用する空港などをWi-Fiルータの受取り先に指定することもできるうえに、返却が手軽にできるので利便性が高いといえます。
さらに、故障などの際に、レンタルでは代替品に交換してもらえます。
ただし、あくまでも一時的な利用を想定しているため、レンタル期間の延長などで利用が長引くとかえって割高になる場合があります。
レンタル期間や延長料金を必ず確認して、無駄な出費をかけないようにしましょう。

Wi-Fiルータをレンタルするには

Wi-Fiルータをレンタルする場合には、ウェブサイト上のレンタルショップを利用します。
ご自身に合ったレンタルサービスが利用できるように、あらかじめ考慮しておく点を整理しておくとよいでしょう。
例えば、コストやレンタル期間をはじめ、レンタルする機種の通信可能なエリアや通信容量、通信速度などが挙げられます。

それでは、このレンタルの流れを見てみましょう。
初めに、ウェブサイトの検索などを活用して、いくつかのレンタルショップを見比べてみます。
この時、最もふさわしいサービスを選択できるかがポイントです。
サービスが決まったら、ウェブサイト上でレンタルの開始日や受取り先などを指定して注文し、支払いを行います。
注文が確定すると、レンタルの開始日に指定した受取り先に充電済みのWi-Fiルータが届くので、即使用が可能です。
レンタルの終了日には、注文時に届く返却用のレターパックを用いて投函する方法が一般的です。