Wi-Fiレンタルの活用方法と留意点が把握できる情報サイト

Wi-Fiレンタルの利用範囲は拡大している

Wi-Fiレンタルを効果的に活用しよう!

Wi-Fiルータをレンタルする際には、そのサービスやレンタル機種がご自身の用途に最も適しているかを確認することがとても重要です。
このときの情報収集は手間を惜しまず、入念に行うことがこのレンタルの有効活用につながります。

Wi-Fiルータのレンタルサービスは国内向けと海外向けがありますが、いずれにせよ、レンタル機種によって、通信できるエリアや使用可能なデータ量、通信の速さなど提供されるサービスが異なります。
特に注意しておきたい点としては、一定の通信量を超えると、通信速度が制限されて、その期間中は使い勝手が悪くなることです。
このため、実際にどの程度で通信制限に引っかかるのか、気になるところですが、通信量1GBの目安がユーチューブなどの動画(解像度やサイズで多少異なる)の視聴時間でおよそ1時間と言われています。
ウェブサイトやメールなどの閲覧は、心配するほどの通信量ではありません。

Wi-Fiレンタルは国内向けだけではない

海外向けのレンタルを申込むときには、利用する国を指定します。
指定した国以外で、誤って一度でも電源を入れてしまうと思わぬ高額料金を請求される場合がありますので注意が必要です。

利用するレンタル機種それぞれの連続使用可能時間や待受時間をレンタル会社のウェブサイト上の利用ガイドなどで確認することができます。
ただし、レンタルで用いられるバッテリーはサービスの利用前から使いまわされているはずです。
このバッテリーの劣化の影響で、連続使用可能時間どおりに十分な充電ができるとは限りません。
そこで、海外で充電できる環境に不安がある場合にはバッテリーのレンタルも併せて申し込んでおくとよいでしょう。
Wi-Fiレンタルのみに委ねるのではなく、空港やホテルのWi-Fiサービスも利用するなどして、レンタル使用に伴う電源不足を回避するための工夫が欠かせません。