Wi-Fiレンタルの活用方法と留意点が把握できる情報サイト

Wi-Fiレンタルの安全性が保障されているわけではない

悪意の第三者に隙を与えてはならない

旅先などで、Wi-Fiレンタルを複数人で利用することもあるでしょう。
このルータに接続するということは、他の接続者と同じネットワーク上につながれていることを十分認識する必要があります。
すなわち、接続する際にスマートフォンなどの端末機器にセキュリティー設定などをしておかないと、他の接続者がその端末に侵入して、ファイルなどを抜き盗るおそれがあるので、注意しなければなりません。
このリスクを少しでも低くするためには、ネットワーク名を工夫したり、共有の可能範囲を限定する設定などを施すとよいでしょう。

また、一般的なルータと同様に、Wi-Fiレンタルも設定変更が短時間でできます。
さらに、レンタル機器の仕様などの詳細を事細かにチェックすることは通常しないため、悪意の第三者に差し替えられても気づきにくい傾向があります。
第三者による操作やすり替えがなされないように、レンタル機器の管理を怠ってはいけません。

大事な情報は暗号化しておこう

Wi-Fiレンタルにはその利便性を優先し、ルータの表面にネットワーク名(SSID)と暗号化キー(パスワード)が無防備に見える位置に貼り付けられているものもあります。
このため、滞在先などで、第三者にも見られる可能性があります。
それを目にしたWi-Fiに関する多少の知識がある悪意の第三者ならば、同名のSSIDで異なるアクセスポイントを開設して、そこに接続させることで、個人情報などの機密情報を盗み取ることが可能です。
こうしたなりすましのアクセスポイントへの通信による機密情報などの流出を防ぐためには、Wi-FiレンタルのSSIDとパスワードを第三者に見られないように用心するとともに、レンタル機器を経由する重要なメールやファイルは常に暗号化してから送信するようにしましょう。